エネルギー貯蓄で万が一に備える|蓄電池設置で安心エコライフ

女性作業員

建物全体を守るために

屋根

早めの修理が大事

屋根は、問題が生じた場合には、早めに修理工事をおこなうことが肝心となっています。なぜなら建物は屋根によって雨から守られているので、そこに問題が生じると、建物の状態まで悪くなる可能性があるからです。たとえば雨漏りが生じている場合には、早めにその部分の修理工事をおこなわなければ、雨水によって木材部分が腐りやすくなります。垂木や棟木や、さらには柱までが腐ることになるので、建物自体が形状を維持できなくなるのです。しかし早めに修理工事をおこなっておけば、そこから発生する被害を食い止めることができます。また、必要に応じて屋根材やルーフィングが交換されるので、それにより一層建物の耐久性は高くなり、そこで長く安心して暮らせるようになるのです。

葺き替えと重ね葺き

ある程度屋根が劣化している場合には、部分的な交換ではなく、屋根全体を交換する工事が必要となります。これを葺き替えというのですが、これにより屋根は完全に新しい状態になります。その分耐久性が一気にアップするのですが、しかし葺き替えには、多くの費用と時間とがかかります。そのため昨今では、葺き替えではなく重ね葺きと呼ばれる工事もおこなわれるようになっています。重ね葺きとは、既存の屋根の上に、新しい屋根を重ねて設置するという工事です。古くなったものを解体したり撤去したりする作業が必要ないため、費用はある程度安くなりますし、工事は早めに完了するのです。また、葺き替えの場合は工事中はその建物で暮らすことが困難なのですが、重ね葺きの場合はそこでの生活を続けることができます。このメリットからも、重ね葺きを選択する人は増えています。